思いきって

”自由”ということばは難しい。

 

人によって”何をもって自由というのか”ということが随分幅広い。

いいように理解することもできれば、そうでないということもある。

 

”自由に生きる”ということも同じようなことがいえそうだ。

 

そんなことを考えながら、最近つくづく思うことがある。

 

それは「思いきって生きる」ということ。

人生迷うこともあれば、たくさん考えることもある。

 

でも、そんな中でも”これだ”と思ったことを「思いきって」やっていく。

 

そういう生き方が「自由に生きる」ことにもつながっていくんじゃないかな。

 

子どもたちには、本当に思いきって生きてほしい。

そのために大人としてできるサポートをしてあげたいと思う。

 

子どもたちよ、思いきって生きよう!

 

いや、その前を走っている大人たちこそ思いきって生きよう!

 

 

「希望」も一緒に

最近、「希望」を語ってますか?

質問しておきながら、自分はどうだろうなー。

 

目先のことにとらわれていると、ついつい「希望」から目を外してしまう。

 

でも、思うんです。

どんな指摘でも、どんないらだちでも、どんな忠告でも

「希望」も一緒に語り、伝えられるなら、

聞く人は、それをよろこんで聞けるんじゃないかと。

 

それぐらい「希望」に目をとめ、「希望」を語ることは大事。

 

さー、希望を語っていきましょうよ。

 

 

「基礎」を大事に

スポーツでも普段の生活でも「基礎」が大事だと言われる。

それはほとんどの人が理解してるんだろうと思う。

 

でも、「基礎」に取り組むということを真剣に、

そして丁寧にやっている人は案外多くないのかもしれない。

 

というのも「基礎に取り組む」のは地味なんです。

いわゆる”かっこいい”感じでもないし、

多くの場合、「基礎」ほどしんどかったりする。

 

「基礎」を何となくこなすことはできる。

でも、それを丁寧に、真剣にやる人との間にできる差は、

決して小さくない。

 

というようなことが子どもの頃から起こってたりするのを目にし、

自分自身のことをかえりみずにはいられない今日この頃です。

 

みなさん、「基礎」を大事にしてますか?

 

 

やってみたときのイメージ

新しいことを始めるときに、やってみたときのイメージを

頭の中で思い巡らせ、どんな感じかを考えたりする。

 

もちろん、それは実際やってみるときのための助けにはなるけど、

イメージと実際やってみるのとでは違う。

 

思っていたほど上手くできないってこと、経験したことないですか?

 

最近、またそういうことを経験してる最中なんだけど、

イメージしていたよりも上手くいかないから少し葛藤する→

上手くできるように(自分が納得できるクオリティでできるように)

調べたり勉強したりして学んだりする→実際やってみて、回数をこなしたりする

 

こんなサイクルを経験しながら、こういう時期って何を始めるにもあるよな〜

って思いつつ、このちょっとした”ストレス”の時期のことを覚えておこうと思う。

 

この時期を経験し、成長しようとするからこそ、余裕ができて、

視野も広がり、さらに質の高いことをしていくことができるようになる。

 

”先を目指して今を見る”というよりも、

「先の方から今を見る」って感じです。

自分一人での仕事から

自分で曲を書いて、自分でバックの音を作って、

自分一人で録音して、自分一人で編集(ミックス)して完成させる。

 

自分一人での仕事が僕の基本。

 

10数年前に始め、微力なものを少しずつ積み上げながら、

その道筋の中で色んな人に出会ってきた。

 

自分で少しずつ積み上げる中で、”自分一人の微力さ”を

知ったからこそ、出会った人たちと一緒に何かをすることの大切さというか

”ありがたさ”を体験してきた。

 

その1つがSOUND CLOSER(サウンドクローサー)。

楽しくっておもしろくって素晴らしいメンバーと、

そして皆さんと一緒にあったかくて楽しい時間を過ごしたいと思います。

 

ぜひお越しください!

チケットのご予約はホームページ
https://yoshiblessed.com/contact_jp.html
もしくはFBイベントページ
https://www.facebook.com/events/397759587303270/?ti=icl

 

 

 

互いに影響を与え合う

人は互いに影響を与え合うもの。

同じ環境で過ごす中で、こちらの影響を相手に(周りに)与えると共に

相手の(周りの)影響を受ける。

意識していたとしても、無意識だとしても。

 

例えば自分が成長したいと願い、努力しているとして、

今の自分よりも高いレベルの環境に入ると、

その環境につられて、より成長しようとする。

 

逆に今の自分よりも低いレベルの環境に入ると、

自分が成長しようとしていたとしても、

どこかで甘さが出て、高いレベルの環境の時の

ようには成長できないことが多い。

 

だからといって、”いつも高いレベルの環境にいよう”

というわけにいかないのが人生。

 

なので、せめて知っておきたい。

自分がいる環境に少なからず自分自身影響を受けて行動してしまうこと。

自分がどの環境にいて、どういう意識・行動が必要かということを。