変わるつもりがあるか

人は変わることもあれば、

 

何年経っても変わらないということもある。

 

言い換えるなら”変わりたくても変われない”

 

ということかもしれない。

 

「自分は変わらない」という姿勢で

 

人と接している人ほど

 

相手を変えることは難しい。

 

「自分は変わるつもりがある」という姿勢で

 

人と接している人は

 

案外その場を魅力的な場に変え、

 

相手をも変えることができたりする。

インプットよりアウトプット

「経験」というのは僕たちを成長させてくれる。

 

それは「経験」することで

 

新しい発見や気付きなど”インプットが増える”

 

ということもあるけど、

 

実は「経験する」というプロセスの中で

 

色んなことを試してみるという

 

”たくさんのアウトプットが増える”

 

ということなんだと思う。

 

 

自分で考え、自分で決めた

どんなことでも最終的に


「自分が考えて、自分で決めた」


ということが大事。


人が決めたことを文句も言わずやってても


都合が悪いことがあれば


決めた人のせいにしてしまうし


決めた人のせいにできてしまう。


しっかり自分で考えて、決めたことなら


結構逃げ出さずに頑張れる。


もっというなら頑張ることを楽しめる。


だから毎日の中で自分で考えて、


自分で決めるってことを増やしていきたいよね。



夢以上に楽しいもの

何か嫌なことがあったときに


"夢だったらいいのに"と思ったりだとか


何かいいことがありそうなときに


"現実だったらいいのに"と思うような


ことがあるけど、


僕らの目の前には間違いなく現実だけが


存在しているんだよね。


夢をなくす必要はないけど


僕らには現実だけがある。


でも、僕らが現実を楽しんでいるなら


それはいいものだし、


現実は変えていけるものだと知っているなら


それは夢以上に楽しいものに


なるんじゃないかなーって思う。

手をつないでいれたら

1人のとき、自分の近くにつなぐ手はないけど


一緒に誰かがいるなら手をつなぐことができる。


手をつなぐことや、つないだ手を離さないのは


もしかしたら自分のためかもしれないし


相手のためかもしれない。


どちらにしても手をつないでいれたら


支えることも支えてもらうこともできる。


ひっぱっていくことも


ひっぱってもらうこともできる。


つないでいれたら2人以上のパワーで


進んでいける。


それがチームであることの醍醐味だよね。

















なんとかしないと

「変化」というものは、いつか訪れてくる。

 

でも、「変わろうとすること」は目的ではない。

 

それはあくまでプロセスだ。

 

変わることが大事なのではなく、

 

何のために変わるのか、が大事だ。

 

僕らは案外、”変わらざるをえない”から

 

変わってきてるんじゃないかなーと思う。

 

”変わらざるをえない”というのは、

 

「なんとかしないと」を前向きにしていく

 

ことなんじゃないかなー。