「学べる」ということのありがたさ

この年になると「学べる環境」というのは

 

普段の日常の中で、そうそうあるものでもない。

 

もちろん、日常の中で学ぶことは多いのだけど

 

しっかりと「学ぶ時間」というものはそうそうない。

 

この二日間はそういう時間が与えられていて、

 

子どものようにスポンジのごとく吸収して、

 

スポンジのごとくアウトプットしていきたいと思う。

 

 

どうなりたいか

結局、”どうなりたいか”が重要。

 

それによって、今やっていることが正解の場合もあれば

 

そうでないということにもなる。

 

また、「今、自分たちはこういう状況だから、次にこれができる」と考えるのではなく、

 

全部自由に考えてみて、どうなりたいか、どうなっていたら一番いいか、

 

価値あるものを提供できるか、と常に想像して、それに対してアプローチしていく。

 

 

SOUND CLOSER vol.12にむけてのリハ

今日は7月8日のサウンドクローサー12にむけてのリハ。

 

今回のイベントで初めてやる曲も数曲あり、

 

リハを通してメンバーで作り上げていく中で

 

楽しみな仕上がりになってきてます。

 

ぜひ会場でお会いしましょう〜。

 

https://www.facebook.com/events/1950913138555181/

 

 

 

 

ひとりだと

自分にとって、仕事以外でのひとりの時間は大切。

 

ひとりで本を読んだり、音楽を聴いたり、考え事をしたり、

 

トレーニングをしたり、時には家事をしたり。

 

でも、同じように人との時間は大切。

 

人といてコミュニケーションをとる中で互いの考えや価値観を知り、

 

そこに”共感”が生まれる。

 

またそんな中で、ときにはぶつかったり違いが分かったりする。

 

そこから生まれてくるものは、ひとりでの時間から生まれてくるものよりも

 

より深く、より強いものになるような気がする。

 

だって、ひとりではないから。

 

 

一人で変わるってことは大仕事

人が変わるっていうのは、そんなに簡単なことじゃないことは

 

理解してるつもりなんだけど、

 

変わるようなキッカケがあったとしても、

 

そこから一人で変わるっていうことは結構難しいんだな〜ってことを

 

自分のことというよりも人と接する中で最近実感してます。

 

変化を与えるような動機付けがあったとして、

 

それをキープ・持続するってことは工夫がいる。

 

それに、その人自身がいつも”変化すること”を意識していくことや

 

変化することの必要性を思い続けることが大事。

 

つまり一人で変わるってことは大仕事なわけ。

 

だから一緒に歩んでくれる仲間が必要なんだな〜って思う。

 

 

Sound Closer vol.12 チケット予約受付中!

12回目を迎えるSOUND CLOSER。

 

今回も、温かくって、楽しくって、音楽も人も近くに感じられるイベントを

 

お客さんと一緒に作っていきたいと思います。

 

ぜひ会場へお越しください!

 

*チケットご予約方法
1)Facebookのイベントページより参加予定をクリック
https://www.facebook.com/events/1950913138555181/?ti=icl
2)下記のメールアドレスに、「お名前、チケット枚数」をご記入の上、メールを送信
info@yoshiblessed.com
3)YOSHI BLESSED MUSICのホームページのCONTACTページ
(http://yoshiblessed.com/contact_jp.html)より、
「お名前、チケット枚数」をご記入の上、送信