やったもんがち2

人が見ていないところで、人に見えていないところで

 

いかにやるかどうか。

 

人って結構自分に甘いもの。

 

自分に厳しすぎるとしんどくなるかもしれないけど、

 

甘すぎると成長することは難しい。

 

見えてないところで、いかに取り組むか。

 

取り組んだから、いつも望んだ結果を得るわけではないけど、

 

取り組んだことはウソをつかない。

 

だから見ている・見ていないに関わらず

 

ハードにやったもんがち。

 

さあ今日もいきますか。

 

 

土台は「いい感じの体調」かも

時々自分がどこに向かおうとしているのか、分からなくなりそうな時がある。

 

自分が取り組んでいること、

 

自分の役割があることやニーズがあること、

 

今の人生のステージだけでも色んなことに関わっている中で、

 

自分が大切にしようとしていることが何か、

 

3年後・5年後にどうありたいのか、

 

楽しんで取り組めることは何か。

 

スケジュールやタスクをこなすだけではなく、

 

”視点を変えて見直す”ことや”原点から考えてみる”こと、

 

いい意味で”疑いを持つ”ことが必要。

 

とか大事だなと思うことを色々書いたんですけど、

 

一番土台となる大切なことは「いい感じの体調」でいることのような気がします。

 

疲れて寝込んでしまったり、疲れをためたまま毎日を過ごしたり、

 

ひどい風邪をひいてしまったりしないように日々ケアをすること。

 

それがあって色んなことを余裕を持って考えれたりする。

 

さあ、今日もケアしようっと。

 

 

ゆかり☆ゴスペル@てんしば

今日は午後からゆかり☆ゴスペルの弾き語りライブ@てんしば。

 

ゴールデンウィークだからなのか、イベントだからなのか

 

お祭りのように人がいて、ピクニックを楽しんでいたり、

 

ライブを楽しんでいたり、散歩を楽しんでいたり。

 

久しぶりにお会いする方が聴きにきてくださったり、

 

友人の方々が聴きにきてくださったり、

 

単純にてんしばに来ている人たちが聴いてくださったりという

 

ストリートライブならではの雰囲気。

 

 

今日は来週のAbeten Street Butterfly 2018のプレイベントで、

 

本番は来週13日。

 

ゆかり☆ゴスペルは午後1時〜あべのハルカス16階 庭園ステージにて歌います。

 

13日はピアニストに野田常喜氏を迎えて2人でのステージ。

 

お近くに来られる方は是非足をお運びください〜。

 

 

知ることで変わる関係性

人は互いのことをより知ることで相手をどう思うかが大きく変わる。

 

今まで少し距離感のある中で相手のことを見ていて、

 

知っていることも少なく、その情報量で相手のことを判断していた人も、

 

ゆっくり話す時間を持ち、相手のことを知り、こちらのことも話すことで

 

相手のことをどう判断するかが大きく変わる。

 

それは、人間の中にある「生きたい、知りたい、仲間になりたい」に

 

大きく関係していると思う。

 

それまでは、その人の言動や行動で何かしらの”答え”を出していたのが、

 

互いを知り合うことで、人と人との関係性が生まれ、

 

互いに”応え合う”ことで信頼関係が築かれていく。

 

そういう中で、互いが同じ方向を向き、対話し合い、前に進んでいく。

 

そんなことをこれからも近くで見ていきたいなー。

 

 

基本に返る

週一回ほどのペースでバスケをする機会があるんだけど、

若かりし頃のようには動かない体を動かしながらやっていて、

今更ながら「基本が大事」なのを痛感してます。

 

あたりまえのことをあたりまえにやっていくこと。

それを雑にではなく丁寧にやっていければ、

多少体が動かなくてもそれなりにプレイできる。

 

あとはコンセプトというか方向性が大事。

自分がどういうスタンスでいくのかということを

プレイを通して表現できれば、周りもそれに反応してくれる。

これはチームスポーツの醍醐味。

 

てなことを考えながら、バスケを基本から学び直している自分がいる。

 

よく言われるけど「Back to basic」。

何か壁にあたれば適当にジタバタするよりも基本に返る。

 

身をもって体験してます。

 

皆さんは最近、基本に返る経験、ないですか?

 

 

 

高槻ジャズストリート2018

今日は高槻ジャズストリートへ。

 

今年で20周年ということだったけど、、20年間続けるということは

並大抵のことではないし、高槻の街中の色んな場所でやるということ自体、

企画・準備・運営など含め簡単なことではないと思う。

 

街を歩いていると音楽の音が聞こえてくるんだけど、音楽をやる自分でも

”音大きすぎるんじゃない?”と思うときがあったり。

 

でも、そんなことを含め、このイベントを受け止めているこの街、素敵です。