World Trade Center

今日、難波にあるTOHO Cinemaにて"World Trade Center"という映画を見に行った。映画を見ていると、NYを思い出さずにはいられなかった。というのも前半には次々とNYの風景が映し出されていた。NY、懐かしいなーという感じがした。
wtc
この映画を見て、人が生かされていることの大切さを改めて感じた。

今の日本、自殺者が後を絶たない。
毎日多くの人が自ら命を絶ってしまっている。

そんな中、生きる希望を家族関係、人間関係の中にある愛に、そして何よりも私たちを造り、共に生きているイエス・キリストの永遠の愛の中に見いださせてくれる、そんな映画だった。

自分が何のために生かされているのかを知ることの大切さを感じる。

生きていくことは決して楽ではない。でも、日々生きている喜びを感じる。だからこそ精一杯生きていきたいと思う。

Remind

ひと月に一度、VIPというビジネスマンの異業種交流会にて音響のお手伝いをさせていただいている。

今日は靴下やインナーウェアなどの製造、企画、販売、流通などを行っているチュチュアンナの方がお話をされた。

ビジネス、また人生においての大切なノウハウをたくさん話されていた。
一つ一つの決断をしていく上で、誰もが考えるような”広き門”ではなく、誰も考えないような”狭き門”から入ること、また、日々の生活の中で何かが起こったときの反応の仕方などなど、とても有意義な時間だった。

話とは関係ないのだが、VIPを行っているレストランに一枚の写真が壁に貼ってあった。
coney
この写真はNYのConey Islandの写真だと思われる。

最近よくNYの事が頭をよぎる。前回NYに行ってから早や10ヶ月近くが経つ。またNYに行きたいものだ。独特の空気、何かが生み出されていくような雰囲気、、、。またあの空気を味わいたくなる今日この頃だ。

Pre-Recording

今週末の東京でのパフォーマンスの音源のためのレコーディングを行った。

数ヶ月ぶりの東京でのパフォーマンス。どの曲をやるか、今、何を伝えたいのかをじっくり考え、準備を進めていきたいと思う。

来月にはクリスマスを控えているが、街は少しずつクリスマス・モードになってきている。

ゴスペル・コンサートが最も盛んな時期がくる。

一人でも多くの人にクリスマスの本当の意味を届けることができるように、一つ一つのパフォーマンスを大切にしていきたい。

Art Workshop

芸術の秋ということで、今日はアート・ワークショップにスタッフとして、
また一参加者として参加した。

絵画など色んなものを飾ったり、"Washer"という手法をみんなで楽しむワークショップがあったり、ゴム鉄砲を作るワークショップがあったりと、子供から大人までとても楽しい時間を持った。

子供達が参加した"Washer"という手法のワークショップは、まず画用紙に水彩絵の具で絵をかき、十分に乾かし、その上から絵を消すように墨汁で塗りつぶし、その後、十分に乾かし、その上から水をかける。

そうすると水彩絵の具で何も塗らなかったところが黒くなり、水彩絵の具を塗ったところが浮かび上がってくるのである。

今回の絵のテーマは”闇は光に打ち勝たなかった”で、大きな画用紙を20個ぐらいに切り分けみんなそれぞれが思う光となることを絵に描いた。

そして、色などを塗り、水をかける前に張り合わせた。
完成品は以下をご覧あれ。
art11-11-06
(ひそかに僕が描いた絵も混じっています)

Shine

皆さんはバイキング形式のKFCをご存知だろうか?
実は大阪は箕面方面に1000円で食べ放題のKFCが存在する。

それで、ついに友人達と共に足を運んだ。
友人は”日本でもここにしか食べ放題のKFCは無い”と断言していた。

確かに”食べ放題”のKFCは聞いたことがない。

実際、行ってみると、普通のKFCでは無いようなものまで置いてある。

チキンはもちろん、ポテト、サラダ、ソーセージ、フレンチ・トースト、スープ、ライス、コーヒー、ジュースなど、全てがバイキングになっている。

普通に食べるよりは、はるかにお得だが、食べ過ぎる傾向にある。

それはさておき、待ち合わせ場所に向かうために地下鉄に乗り、地下鉄が
地下から地上へ上がる時に、まぶしい陽の光が車内に差し込んできた。

地下にいる時にも、もちろん車内は蛍光灯で明るいのだが、陽の光が差し込んできた時に、比べ物にならない明るさ、温かさを感じた。

地下鉄の車内というのは、”さわやか”とか”温かい”という言葉とは程遠い雰囲気があるが、地上に出て、光が差し込んでくると、あっという間に車内もさわやかに見える。

陽の光っていいなぁと感じる瞬間だった。
ただ、明るいだけではなく、温かい。また、温かく包み込んでくれるような感じがする。

光、、、。光を放つこと、、、。
ただ明るいだけではなく、温かい光。
Gospelのメッセージを通し、与えられた喜びや希望を、音楽を通し、また自分自身の人柄を通して、放っていきたい。

明るく、温かい、包み込む光のように。。。

The BTS

ここ数日間風邪のせいか、体調が思わしくない。
周りも季節の変わり目で風邪が流行っている。
体調管理に気をつけなければ、、、、。

話は変わり、つい最近、来年2月に行われるBrooklyn Tebarnacle Singersのコンサートのチラシやポスターを拝見させていただく機会があった。
the-bts
今回は神戸にある神戸国際会館にて行われる。
他にも関東や名古屋でも行われることになっている。
彼らは過去に6回もグラミー賞を受賞し、誰もが認めるゴスペル・クワイヤーである。

彼らは、その音楽を通し、ゴスペルのメッセージが流れ、聴く一人一人の心に喜びと希望を与える、そんなコンサートになることを目指し活動している。ただ、美しい歌を歌うだけではなく、神様からのすばらしい愛のメッセージを伝えることを目的に、また来年2月に来日するのである。

関西ではそのコンサートに向けて、色んな場所でゴスペル・ワークショップがもたれる。興味のある方は以下のサイトをご覧ください。

http://www.bts-live-in-japan-2007.com

自分自身もゴスペルのメッセージを伝える者として、さらに前進していきたいしだいである。