みんなが幸せになる?

"みんなが幸せになる"というのは


だいたい多くの人が望むことだ。


できるだけ多くの人を不幸にしないとか


できるだけ多くの人を幸せにするとか


いくつかの視点から考えることができる。


そんな中でいえることは


「自分を不幸にしない」ってこと。


真剣に"自分を不幸にしない"を


考えて生きようとすると


おのずと「人を不幸にしない」ってとこに


たどり着くんじゃないかと思う。


一番近くのいのちを大切にすることは


きっと周りのいのちを大切にすることに


影響をおよぼしていく。

信念は心をつかむ

20年も前に自分が本気で


取り組んでいたことが、


当時も今も関わってくれてた人から


評価されるということは


ありがたいなーと思う。


それと同時に価値があると思って


自分が信念をもってやることは


人の心をつかむってことを


改めて体験した気がする。

見えてないところが見えてくる感じ

"新鮮である"ことって、


ただ人と違ってれば新鮮というわけでもなく


目新しいから新鮮ってわけでもない。


成熟しているところにも新鮮さはあるし


作り込まれた中にも新鮮さはある。


同じようなことを発信しているとしても、


発信する側の視点や姿勢の違いで、


それが新鮮かどうかの差がでるのかも。


発信する側の


「どうしてもこれが見たい!」


というような視点や姿勢、


つまり、まだ今は見えてないところが


それを通して見えてくるような感じ。


で、結局のところ、そういう人と一緒に


いるのっておもしろいんだよねー。



何かのスタートライン

「ん?」とか「あれっ?」とかっていう


なにかしらの違和感を感じたときに


それにどう反応していくか。


スルーすることもできれば、


その違和感について考えてみたり、


その違和感に対して行動してみたり。


違和感ってのは何かのズレを教えて


くれてたりするし、


そこには大事な気づきがあったりもする。


ただ、違和感だけではなにも始まらない。


違和感は何かのスタートラインだったり


するのかも。

アイディアでなにが変わる?

アイディアってある意味、


スタート地点かもしれないけど

 

それだけで何かが変わるってわけでもない。

 

アイディアはおまじないではないから

 

そのひとこと・そのひとつが


あるだけでは足りない。

 

そのすごいアイディアを実行して、

 

しかもただ”やる”だけじゃなくて

 

素晴らしい知恵も、日々の地道な努力も、

 

しんどくてもあきらめない根気強さも、


倒れてしまわないようにする健康管理も、

 

そのすべてが必要なんだよなー。


だからアイディアだけで済むことなんてない。

勇気がやらせてくれる

今までやったことのないことを


やらせよう、やってみようとさせるもの。


それは"経験"でもなければ"自信"でもない。


それは「勇気」。


勇気がそれをやらせてくれる。


そこには"できるかどうか答えを出してみる"


っていう気持ちがあったりして、


その気持ちで実際にやってみるから


経験を積み、自信をつけ、次にいける。


やっぱり「勇気」ってのは必要なんだよなー。