どう失敗したかを知る

挑戦して失敗することや、

 

失敗とまではいわなくても

 

うまくいかなかったということは

 

全く悪いことではない。

 

でも、どんなことをして、

 

どう失敗したかを知るという

 

”うまくいかなかったことを見つめる”ことや

 

”うまくいかなかったことから学ぶ”ことが

 

その後の成長の量を決めるんだと思う。