見たい未来・行きたい未来

僕らがよく考える「目的」というのは

 

難しいことは抜きにして、

 

「どうなったら一番喜べるか」とか

 

「どうなったら一番嬉しいか」

 

ということなんだと思う。

 

それは「未来におどされる」ことや

 

「未来に追い込まれる」ことなんかじゃなく、

 

「見たい未来」であり、「行きたい未来」

 

なんだよねー。