「初めての日」があったということ

今やっていることのすべてには

 

「初めての日」があったということ。

 

その初めての日がなかったら、

 

次の日もないし、今もないということ。

 

初めての日から、どれぐらいのペースで

 

やってきたのかはそれぞれだけど、

 

やめなかったということの続きが今なんだよね。

 

明日のことはどうなるか分からないけれど、

 

今日が今までの続きということは分かる。

 

いつでも始めるのに遅くはないし、

 

始めるのに今日より早い日もないんだよね。