「無力さ」を知ることになる生き方

自分一人でできることの小ささを知れば知るほど、

 

自分の無力さみたいなものを感じる機会が

 

増えて積み重なっていく。

 

当然ながら、何もしなければそういった

 

自分の無力さを感じることもない。

 

言うだけ、考えるだけじゃなくて、

 

実際になにかをするから「無力さ」を知ることになる。

 

そして、周りにいる色んな人たちの助けに

 

「ありがたさ」を感じることになる。

 

自分の無力さを知りながら、

 

その人たちの助けがあるから自分はやっていけてる

 

ってことを感じれる生き方って結構いい生き方なのかもね。