「楽しくなってくる」時間と空間

わからないことやできないことだらけの時間を

 

過ごすということは、

 

それが続いていくと結構いやになってくるはず。

 

「わからない」「できない」だから「つまらない」時間に

 

参加し続けるというのは、

 

ある意味で地獄のようなものになりかねない。

 

でも、それなりに分かって、それなりにできることがあれば

 

その時間はつまらない時間ではなくなってくる。

 

それは「勉強」ということもそうだし、

 

何かのスポーツでの「技術」ということでも同じだ。

 

大人として、親として、子ども達に言えることは

 

”勉強しなさい”とか”練習しなさい”とかではなくて、

 

あまりにも分からないまま・できないままでいると

 

その時間を本当に楽しめなくなってしまうけど、

 

分かることや出来ることが一つずつでも増えていけば

 

その時間が楽しくなってくる、ってこと。

 

そういう「楽しくなってくる」時間と空間を

 

子ども達と一緒に作っていきたいよね。