手や足を動かそう

夢でも目標でも、それがあるだけでは前には進まない。

 

それらをおいておくと、いつも間にかフワフワと

 

どこかに飛んでいってしまうかも。

 

だから夢や目標が進めるように手や足を動かそう。

 

手を使えば何かを作り出したり、生み出したり、

 

つなぎ合わせたりできる。

 

足を使えば前に進んでいくことができる。

 

そして夢や目標に栄養を与えよう。

 

いろんなものを見たり、聞いたり、読んだりすると

 

それが成長のエネルギーになる。

 

そんなこんなで「夢・目標」と「ぼくら」が

 

段々と似てくるんだと思う。

 

周りの環境が変わることを待ってないで

 

まずは手足を動かそうよ。