いかに意識的に時間を使うか

今の時間をどう使うのか、今日の時間をどう過ごすのか、

 

そういうことを「言語化する」ということで、

 

時間の過ごし方がより明確になっていく。

 

曖昧なまま、ボーッとしているなら、

 

ボーッと時間が過ぎていく。

 

ただ、僕らは言われたことをやるだけでも

 

汗をかいたり、疲れたりして、

 

終わったころには、どこか充実感があったりする。

 

でもそれは、どこに向かっている時間の使い方なのか

 

わからないから”自己満足”になりやすい。

 

自分の目的に対して、より質の高い時間を過ごす人は

 

「無意識に時間を過ごす」ことを減らし、

 

「いかに意識的に時間を使うか」を考えてたりするんだよね。