数ヶ月後のさらに先にある姿を想像しよう

昨日書いたことの続きのようなことだけど、

 

先のことが分からないなりに

 

僕らは「どうなっていたいのか」を

 

想像することができるし、語り合うことができる。

 

さらにいうなら、数ヶ月後に想像しているように

 

なっているためには、さらに先の到達点である”数年後”

 

のことも考えておく必要がある。

 

数年後のことなんて、

 

さらに分からないことだらけかもしれないけど、

 

分かること、Aという姿でいいのかダメなのかということを

 

決めておくだけでも、今から何を考えておくべきかということが

 

少しは分かる気がする。

 

数ヶ月後のさらに先にある姿を想像しようとするからこそ、

 

数ヶ月後の”なりたい姿”が語り合えるんだと思う。