語り合える「日常」

今のような状況に慣れてしまうと、

 

”三ヶ月後のことは分からない”、

 

”ましてや一年後、三年後のことなんか分からない”

 

と言ってしまいがちだけれど、

 

今の状況でも、前のような状況でも

 

先のことがハッキリ分からないのは同じことで、

 

先のことがきちんと当たる必要もない。

 

だから今こそ、外れても、曲がったとしても

 

「どの方向にいくつもりか」

 

「どっちに行きたいのか」を

 

語り合える関係や場、そして

 

語り合える「日常」が大切なんじゃないかと思う。