準備することによる「期待感」

「準備」がもたらすものは結構たくさんある。

 

そんな中でも最近、実感していることは

 

準備することによる「期待感」だ。

 

準備するには、自分が取り組むことに対する

 

「目的地」が必要になる。

 

だから目的地についてじっくり考えることになる。

 

そして、どのようにして目的地にたどりつくのかを

 

考える中で、”こうなっていったらおもしろいよなー”とか

 

”こんなことをしたらどうだろう”とか

 

おもしろくなりそうなことを考えたり、

 

自分も含めて、そこに関わる人たちが夢中になるような

 

ことを考え、そしていざ本番を迎えるわけだから

 

準備することで「期待感」が増すのは間違いない。

 

逆に準備がおろそかな時の「期待感」の少なさとか

 

まず自分が夢中になれていない感覚は

 

何度も味わいたくないよねー。