たのしくもなんともない様なことの中に

ほっておいても「たのしい」ということの中に

 

”たのしさ”を見つけることは誰にだってできる。

 

たのしくもなんともない様なことの中に、

 

”たのしさ”を見つけたり、生み出したり、

 

そこを”たのしい場”にしたりすることは

 

すごく大切なことなんだと思う。

 

たのしくもなんともないことの中の”たのしさ”は

 

他の誰かが与えてくれるものではなく、

 

自分で見つけ、自分で生み出すものだ。

 

もっというなら、たのしさを見つけたり、

 

生み出したりするということを

 

日頃から「自分の中」に育てているかどうかなんだよね。