「道にいる」ことを喜ぼう

何かをやっているときに「道半ば」とか

 

「その道にいる」という表現をすることがある。

 

僕らの人生の中で、何かを達成したときに

 

その時に僕らは"道が終わった”という風に思うだろうか。

 

僕の今までの経験では、ある道が終わったと感じても

 

そこにはすでに次の道が続いていて、

 

僕らの前にも後ろにも常に道が続いている。

 

だから、僕らは常に「道半ば」なのかもしれない。

 

そして、「道にいる」ということを喜ぼう。

 

途中で立ち止まったり、道草をしたり、

 

先が見えなくなって不安になったりしたとしても、

 

「道にいる」ということ。

 

それが"生きている”ということのような気がする。