かっこ悪くてもいいから生き抜こう

苦しい状況でしか感じられないことがある。


そこに、どれほどの教訓があるのかという


ハッキリとした数なんかはわからないけど、


そこには、そこにしかないものがある。


その状況でしか経験できないことは、


日常の中では望んでも得られない。


誰も立ってるのも辛いような


苦しい状況は望んでいない。


でも、そこでしか見えてこないものや


そこでしか学べないこと、


身につけられないことがある。


自由が少ない、苦しい状況の中で、


日常と比べれば満足いくような


生き方でなくても、


かっこ悪くてもいいから生き抜こう。


不自由は現実だとしても、


不満は自分が作り出しているものだ。