「楽しいからやっている」からこそ

本当に「いいことをしている」人は

 

「いいことをしている」わけではない人を

 

否定したりしないだろうし、

 

「立派なことを考えている」人は

 

「立派なことを考えていない」人を

 

否定したりしないんだろうと思う。

 

「いいことをしている」と思われたい人や

 

「立派に考えている」と思われたい人が

 

人を否定しがちなんだよね。

 

そして、僕がいいなあと思う人は、

 

たいてい、「たいしたことをしてない」と言うし、

 

「楽しいからやっている」って言う。

 

「楽しいからやっている」からこそ

 

周りからも「楽しそう」に見える。

 

僕もこんな風になりたいなーと強く思う。