まぎれて見えにくい

なかなか先の見えない毎日が続く中でも


それなりにうまく取り組んでいることが


あるかもしれない。


どんなことでもそうだけど、


"うまくいっている"という時にこそ


悪い芽が育ったりする。


うまくいっていないのなら


何が悪いのかが見えてくるから


それを改善していけばいい。


でも、うまくいっているときに育つ悪い芽は


うまくいっていることにまぎれて


見えにくくて、それが大きくなるまで


見つけられなかったりする。


だから、うまくやっているような時にも


しっかり地面を見て、悪い芽を


発見しないといけないんだよねー。