確率に合わせて生きるんじゃない

「戦う前から敗けることを考えない」


のと同じように、


うまくいく・うまくいかないの


確率とか可能性を口にできるということは


戦う本人というよりも見物席にいるって


いうことなのかも。


50%とか30%とかの確率に合わせて


生きていくなんてことは


まずあり得ない生き方だと思うし、


「ダメかも」という気持ちで打ったシュートが


決勝点なんてこともまずない。


僕たちは%に合わせて生きるんじゃなく


「生きる」ということそのものを


生きているんだよね。