喜ばれるようなことばかり

チームの中で「はたらく」とか

 

チームとして「はたらく」ということには

 

いくつかの意味が含まれているんだと思う。

 

どこかで聞いたことがある「はたらく」の定義に

 

”傍(はた)を楽(らく)にする”というのがあった。

 

1つ目には、「楽しみなことをする」こと。

 

それをやることで目に見えるようなメリットが

 

あるわけじゃないけど、楽しい故にみんなが

 

熱心に取り組んでやるっていうこと。

 

2つ目には、「やらなきゃいけないことをやる」こと。

 

好きでも嫌いでもやらなきゃいけないということがある。

 

まさしく助け合いというもので、

 

チームのみんながやるべきこと。

 

3つ目には、「役割をはたす」こと。

 

自分にしかできないこと、

 

自分が一番力を発揮できることをやること。

 

自分がそれをやらないとチームが困ってしまうこと。

 

それぐらいチームは期待していることでもある。

 

こうやって文字にしてみると、3つともそこにいる人に

 

喜ばれるようなことばかりで、本来の「はたらく」ってのは

 

こういうことなんじゃないかなーって思う。