コミュニケーションの前に

「伝え方」とか「教え方」とかいうことが


ずいぶん研究されて、磨かれてきている。


ただ、多くの人がそこに期待しすぎていて


"伝え方や教え方がよければ、


もっとうまくいくはず"


という心が見え隠れしている。


でも、そこにいく前にやることがあって、


「伝えるに値するものを自分は持っているか」


と、自分に問いかけて判断することだ。


"教えるに値する良いものか?"


"魅力があるものか?"ということの判断が


できてなくて、伝え方だけ磨いても、


もし自分が伝えられる側ならどうだろう?


"伝える"とか"教える"とか"聞く"という


コミュニケーションが重視される時代だけど


その前に「自分に問いかけ、判断する」ことが


まず大事なんだと思う。