その問いかけは誰のため

”問いかけ”というのは、問いかける側が気をつけないと

 

問いかけられた側は、その問いかけに対して

 

答えることにフォーカスしすぎて

 

”問い”そのものを疑わなくなってしまう。

 

2択のような問いかけなんかは

 

答えが2つのうちのどちらかにある気がして

 

どっちかを選ばないといけない気になってしまう。

 

問いかける側は相手がどちらかを選んで答えることが

 

当然だと思っているし、答えることが求められている

 

という意味では”命令”に似た部分もある。

 

僕は人を指導する立場に立つ時に、

 

問いかける側の都合でイエスかノーの答えを

 

求めていないか、「問いつめる」のではなく

 

問いかけられる相手が「自分を知る」ための

 

問いにつながっているかどうか

 

いつも意識しておきたいなーって思う。