知って終わりになること

例えば指導するための指導法なんかを


必要以上に知りすぎて、


そしてまた知りたくなって、


知りすぎて、、っていうサイクルにはまって


結局なにもできないままっていうことって


結構あったりする。


知識っていうのはほんと大事なものだけど


それは"知るためにある"のではなくて


使って活かすためにある。


知識を知って終わりになるってことは


そもそも「なにかをする」ということの


動機があんまりないのかもね。