「今」という時を本気で

ここ1ヶ月の間に”本気さ”や”一生懸命さ”について

 

随分と教えられることや考えさせられることが多い。

 

目の前のことに一生懸命にやっているなら

 

自然と次の課題が見えてくる。

 

課題ができると、それを達成するための

 

アイデアが生まれてくる。

 

もしも、次に何をすればいいのか見えないというなら、

 

それは”まだ一生懸命ではない”ということかもしれない。

 

言い換えるなら、「本気度が足りない」からかもしれない。

 

「今」という時を本気で生きること。

 

そこに答えがあるような気がする。