分からないからいつもより

"なんかよく分からないけれどもやる"とか


"はっきり分からないけど行く"


ってこと、子どもの頃とか若いときには、


きっと今よりも多くあったんだろうと思う。


それがよかったとか悪かったとかではなく


大人になるにつれて随分、


多くのことが分かるようになってから


前に進むようになったなーなんて思う。


もちろんかしこくなった部分もあるんだけど


「分からないからいつもより敏感にやる」


ってことは、分からない中で進んでいく


ときにこそ体験できることでもあって


そこにも成長するチャンスが


結構あるってこと、忘れないようにしたいなー。