忘れずにしておきたいこと

どんなに大きくなっても

 

どんなに偉いと言われる立場になっても

 

どんなに影響力のある人になっても

 

つまるところ"大人"になっても

 

ほとんど力のなかった頃のことを

 

忘れてはいけないということ。

 

それはある意味で

 

「子どもの頃のことをどこかで覚えておく」

 

ことでもある。

 

子どもの頃を楽しく過ごしてきたとしても

 

辛い中を過ごしてきたとしても、

 

子どもというのは決して多くの力を

 

持っていないものだ。

 

それを忘れずに、その気持ちが

 

世の中に拡がっていくなら

 

もっと幸せがひろがっていくんだろうなー。