ほんとにそういうのが好きか

スポーツの試合でどういうやり方で勝ちたいのか

 

というのは、とても重要だと思う。

 

とてもひきょうなやり方で勝ったりだとか

 

相手のミスが重なって勝つというのも

 

”勝ち”には変わりはないけど、

 

それは自分たちにとって喜べることだろうか。

 

こういうことは社会の中でも同じことで

 

自分が得をするためならどんな方法でもいい

 

ということが意外と多くあったりする。

 

でも、そういうときには

 

「ほんとにそういうのが好きか?」

 

と自問自答するのが大事なんだと思う。