前には可能性が山ほどある

僕らが何かに取り組んでいると、


頻度や大きさは様々だけど


ミスなりよくないことは起こる。


そうしたときに、多くの場合に


僕らは"ミスを避けよう"とか


"ミスを取り返そう"とかっていう


よくないことが起きないための対処に


多くのエネルギーを注いでしまう。


でもそうしてしまうと、


ミスとかよくないことの他にある


自分らしさとか自分を活かすとかっていう


"よいこと"の多くを見逃してしまうし


"よいこと"が起きにくい状況を作ってしまう。


よくないことやミスが起こったときに


それを無視するんじゃないけど


そこから一瞬でも早く視点を変えて


次に向かうべきだし、


自分が周りにいる立場なら


ミスの指摘はものすごく最小限にして


前を向ける手助けができたらいいよね。


だって前には"よいこと"が起こる可能性が


山ほどあるからね。