自分の中の「空いた空間」

積極的に何かをするわけでもなく、

 

でも眠っているだけでもなく、

 

遠くを眺めているだけでもなく、

 

お風呂に入ってぼーっとしているだけでもなく、

 

そういう時間を過ごす中で感じる

 

自分の中の「空いた空間」のようなもの。

 

忙しい日々の中で考え損ねていたこととか

 

考え切れていなかったこととか、

 

今までに考えていたけど忘れていたこととかを

 

少し引っぱり出して”どうしてみようかなぁ”なんて

 

考える時間を過ごしてみる。

 

そういう「ひとりの時間」も僕たちの人生には必要で

 

目の前にある用事とか、簡単に時間を埋めてしまうような

 

ことに、その時間を奪われてはいけないんだと思う。

 

その時間を大事に、自分とゆっくり話し合ってみる。

 

僕はそういう時間が大好きだ。