実際に力になる存在

苦しい状況に追い込まれてて


なおかつ自分からは助けの声を出せない時に


"大丈夫?"とか"手伝おうか?"


っていう声かけがいくらあっても


どれぐらい助けになるんだろう。


それよりかは、"手伝うよ"とか


"手を貸すよ"という実際に力になる存在が


ありがたいんだと思う。


そんな状況を目にして、


手を貸して疲れるよりも


手を差し出さなくて後悔するってこと、


今までもだけど、これから先も


あまり経験したくないよね。