相手ばかりじゃなく

相手のことを思って、相手の意見を聞いて


それを実現してあげるよりも、


"この方向にいこう"といって


一緒に歩みながらも手をひっぱって


くれる方が安心して進んでいけるんじゃ


ないだろうか。


大人でも子どもでも相手のためといって


相手ばかり優先して、相手に何かを


"やってあげてる"というのは


実際のところ、お互いに心から楽しめる


というには程遠いんだと思う。


どっちも楽しめて、どっちも嬉しそうに


している姿がやっぱり魅力的だよね。