起きた時に感じる2つのこと

自分には朝起きた時に感じることが


2つほどあって、1つは


「今日もやりたいことがある」


っていう目標に向かうワクワクした感覚。


まだまだやりたいことがあって、


毎日それに向かってどうやってやろうかと


考えて、行動すること。


もう1つはそれとは対照的とも思える


「自分の無力さ」。


"自分にはできない"っていう感覚を味わう時、


なんとなくさみしさやくやしさに似た


感覚がそこにはあって。


でもそれだけじゃなくて、くやしさに対する


競争心もあり、自分が無力に思えるほどの


ものに対する尊敬のようなものがあり、


そういうものをひっくるめて


"よし、今日もやるかー!"


ってなことになっていく。


そうやって練られていくということが


繰り返される毎日の中であるってこと自体


ありがたいなーと思う。