大人になって、出てくる

僕たちは大人になって、やっと


人として人前に出て、それなりに


生きていくことができる。


大人になる前の若かりし頃を思い出すと


"若かったな〜(未熟だった)"なんて思う。


カブトムシだって大人になって


土から出てくるし、


カエルも大人になって地上に出てくる。


人間も大人になるまでの十分な期間を経て、


人前で生きていけるように成長しないと


厳しい世界でへこたれてしまう。


こういうことは何かの技術や専門的なことも


同じで、しっかりと"大人"にならないまま


人前に出ると、いつの間にか


埋もれてしまう。


十分と大人になる期間を持って(それが


どれぐらいの長さかは決まってないけど)


出ていくことで、大人として十分に


歩んでいくことができる。


それぐらい"若くしてうまくいく"のは


微々たる確率なんだろうと思う。