間に入ってくれる存在

僕たちの中には間違いなく


"感情"というものが存在していて、


それがいい方向に向く時もあるけど、


結構な割合で難しい方向に向いたりする。


そんな"感情"がじゃまをして


解決に向かわない問題だって出てくる。


だから時には間に入ってくれる存在だって


必要になったりする。


じゃましている感情を引きづりながら


がむしゃらに問題解決に向かうよりも


間に入ってもらうことで"キョリ"を


取ることで、解決しやすくなること、


きっとあるはず。


そんなことを考えながら、自分の感情と


うまく付き合っていけるということも


子ども・大人関係なく大事だよなーって


思う。