近くにいる自分とは別の存在

自分とは異なる存在が近くにいる


ということは、いいことなんだと思う。


近くにいるのが自分と同じ存在ばかりだと


きっと自分のおかしな考えだとか


行動であったり、ただのワガママだったりに


気づかないままになってるんだろうなー。


また、自分と異なる存在がいることで


"そんなふうに考えるのかー"とか


自分一人の範囲を超えたものに出会ったり


聞いたり、確認したり、驚いたり。


だから家族とか夫婦とか"自分"と別の


存在が近くにいてくれるのは


大事なんだよねー。