こころからの”おもしろい”

こころから”おもしろい”と思えるもの。

 

それは、いつでもどこでも体験できたり味わえるものではなく

 

それなりに少し貴重でありながら、

 

なにかしらの”共感”が生まれるもの。

 

貴重すぎたらおもしろいを超えて”驚き”になってしまうし、

 

直接的でも間接的でも”共感”がなければ

 

おもしろさは味わえなくなる。

 

この「少し貴重」であり「共感がある」もの。

 

それがこころからの”おもしろい”を引き出すんだと思う。