心も頭も使う協力の仕方

人のために良かれと思ってやったことが


実のところ、じゃまのようなことになる


ってことは案外あったりする。


もちろんこちらに悪気はないし


じゃまをするつもりなんてないんだけど


こちらが良かれと思うことと


相手にとって必要なことは少しズレてる


ってことがあるということを知っておく


ということは大事だと思う。


また、人が素晴らしいことを成し得た時に


近くにいる自分が何をしたのか?


ということを考えてみると、


"出来るだけじゃまになることをしない"


ということなのかなーと思う。


人が力や能力を発揮するために


近くにいる人が"あーでもない、こーでもない"


と口を出したり、手を差し伸べてみたり


してしまいやすいけど、


大事なのはその人が力を発揮できにくくなる


ようなことをしない、ってことだ。


"じゃまになることをしない"って


消極的な印象だけど、それは実は


すごい心も頭も使う協力の仕方だと思う。