素直でいることのありがたさ

誰かと一緒にいるときに


素直でいられるということは


ありがたいことだと思う。


素直でいることで"傷つけられる"とか


自分が人を"傷つけてしまう"とかっていう


心配をしなくていい関係が近くにあって、


自然と素直でいられる時間があるなら


それはお互いにとっても嬉しいことだ。


僕たちは人と接したりするときに


無意識レベルで"役"やら"役割"を


身につけて生きている。


役や役割を身につけることで


目標に向かって協力するとか


うまく回ることもあるけど、


役や役割を身につけるということは


自分の気持ちは後ろにひっこんでいるので


素直な自分ではないということでもある。


「心」と「やっていること」が


一致していると人は自然と嬉しくなる。


そしてそれは周りにも拡がっていく。


そのあたりも素直でいられることの


ありがたさなんだと思う。