自分に付き合う時間

僕たちは、自分自身のことについて


分かっていることと


分かっていないことがある。


自分のことを見たり、その声をじっくり


聞いたり、何を感じ、何を考えているか


自分に話かけることよりも、


周りの人を見たり、人の声を聞いたり、


人のやってることに注目したり、


人の感じることや考え方を知ることの方が


多いんじゃないだろうか。


人のことを知ることは大事だけど、


そればっかりになると、いざ"自分は?"


という時に自分のことを知らないから


"自分がわからない"、なんてことになる。


いつも一緒にいる自分なんだから


もっと自分に話しかけて、自分を見て、


自分に聞いて、何が好きで、どんなことを


やってみたいのかとか、どんな人生を


生きたいのかとか、問いかけたり、


答えを出してみたり。


ひとりの時間は"自分に付き合う"


そういうことができる時間だと思う。


だからひとりの時間にスマホとか


パソコンとか他のことばかり見てないで


自分に付き合ってみようよ。