成り立たせることができる力

「つよさ」は手ごわい状況の時にこそ問われるものだ。

 

まあ”つよさ”と一言で言っても色々ある。

 

すぐれていて相手に負けない、ということを強さともいう。

 

ただ、今、僕が書いている「つよさ」は勝ち負けのことではない。

 

それは、いいときも悪いときも、

 

簡単な状況でも難しい状況でも

 

自分らしさ、自分たちらしさ、

 

いつもの自分(たち)、いつもの自分(たち)の力を発揮する、

 

それを”成り立たせることができる力”のことを「つよさ」と

 

いうんだと思う。

 

それがある人、あるチームは”つよい”。

 

状況次第、相手次第でいつもの力が発揮できない理由を並べているとしたら

 

それはほんとうのところ、”つよさ”が足りないのかもしれない。