自分に「ていねいに、正直に」

ことばは人を励ますこともできれば、


人を傷つけることもできる。


人を活かすこともできれば、


人を追い込むこともできる。


ことばは思ってなくても


発することができるし、


思っていても違うことばが


出てくることもある。


そういうとらえにくい"ことば"だけど、


思ってることと発することが


合っている時、心の中で


大きくうなずいている気がするし、


嬉しい気持ちにもなる。


そうなるためにはことばを


探してくる技術も必要になるし、


表現する技術も必要だと思う。


ただ、そもそも大事なのは


自分というものに対して


「ていねいに、正直にある」


ことなんだと思う。