「ほんとう」があるところ

人生は想定内のことばかりではないし

 

計画通りに進むわけではない。

 

思いがけないことやとっさの判断・対応が必要なことがある。

 

そういう状況になったときに自分がなにを思うのか、

 

とっさに自分がなにを考えるのか、ということは

 

なかなか自分では分からないもの。

 

でも、そのとっさの時にこそ

 

ほんとうの自分が見えそうだ。

 

かざったりごまかしたりすることの出来ないものが出てくる。

 

その”とっさ”の瞬間に、「その人」が見える。

 

そこでは「ほんとう」があるんだと思う。