共感や理解と一緒にある

見る人を、聞く(聴く)人を、味わう人を、


体験する人を楽しませるもの。


そういうものは、何をしているのか、


何を言っているのか、どういうことを


されているのかわかるんだけど、


その上でドキドキしたり、ワクワクしたり、


感動したりする。


でも、そうじゃないものもあって、


何が起こってるのか、何をしているのか、


何を言っているのか、どういうことを


されてるのかがわからないまま


過ぎていくもの。


言葉でも音楽でもアートでも料理でも


空間でもアトラクションでも何でも


"人を楽しませるもの"って、


いつも共感や理解と一緒にある気がする。


そういうものを生み出していきたいなー。