知らず知らずのうちに頼みすぎてる

僕自身ももう「大人」という立場であり

 

「親」という立場でもあるけど、

 

世間一般的に見てみて

 

その立場にいる人たちからの意見やら提案やら指摘が

 

もっと減れば、子どもたちを含め、

 

社会も、もっとリラックスしたものになって

 

もっとのびのびしたものになるんじゃないかなーって思う。

 

上の世代から子どもたちの世代に教えたりすることは、

 

”〜すべき”とか”こうあるべき”とかってことよりも、

 

子どもたちをもっと自由にするようなことなんだと思う。

 

僕たち「大人」や「親」は、知らず知らずのうちに

 

子どもたちに”頼みすぎ”なんだろうなー。