壁を乗り越えるという姿勢

誰にだって乗り越えることが必要な壁がある。

 

それは人生の中で、いつ現れるか分からないことがほとんどだ。

 

ただ、その壁を乗り越えようとするのか

 

壁を乗り越えることをあきらめるのか

 

壁の存在を認めようとしないのか

 

色んな反応がある。

 

”乗り越えるべき壁がある”という現状を

 

なんとか打破していこうとする姿勢やモノの見方。

 

それがあるのか、そうでないのかが問われる。

 

それは大人でも子どもでも、だ。

 

そして、乗り越えようとするからこそ

 

また次のレベルの壁が見えてくるんだと思う。