忙しさという逃げ場

10連休という長い休みがとれることなんて

 

そうそうあるもんじゃないんだから、

 

こういう機会をいかして、

 

少し立ち止まって、今やっていることに対して

 

”疑いを持つ”というようなことを

 

やってみてもいいんじゃないかと思う。

 

”別の視点から見てみる”とか

 

”いったんやめてみる”とか

 

”原点に戻って定義づけから見直してみる”とか

 

忙しくしている普段ならできないようなことを

 

やってみるのも価値あることだと思う。

 

忙しくしていることで何かを積み上げているということも

 

あるかもしれないけど、

 

たいてい忙しさで本質を見失ってしまうものだ。

 

それぐらい”忙しさ”は”逃げ場”にもなりえるんだと思う。