”練習”と”本番”の差を縮める

練習と本番は同じモノではない。

 

プレッシャーや緊張感、本番ならではの空気感。

 

練習で出来てるように見えてることも

 

いざ本番を迎えると、通用しなかったり。

 

逆に、本番で想像を超えて力を発揮したり。

 

では、本番で力を発揮するにはどうしたらいいのか?

 

それはきっと、”練習”と”本番”の差を縮めることなんだと思う。

 

練習が、より本番に近いものになるようにする。

 

そうすることで、実際に自分に出来ること・出来ないことが見えてきて

 

何に取り組めばいいのかが分かってくる。

 

本番にほど遠い練習をしているうちは、

 

出来ること・出来ないことが見えてこないので

 

曖昧な取り組み方しかできないんだろうなー。