選択を日々積み重ねる

子どもでも大人でもお年寄りでも


どんな人にも多かれ少なかれ


人に対してイライラすることがあったり


ずるいことや良くないことを


考えついたりする。


逆に、自分には割と甘いというのが


人間なんだと思う。


そのうえで、


「どうありたいか」が問われている。


人へイライラをぶつけたり、


人の自分への態度にイライラや


怒りで反応したり、


人を疑ったりということを


「する人としてありたい」か、


「しない人でありたい」のか。


その選択を日々積み重ね、


僕たちの人格や人柄が出来上がっていく。